未分類

私がどうやって一重から二重になれたのか〜人生変わります〜前編

今回は私が一重から二重になった時のお話をしていきたいと思います。
私は中学生まで一重でした。
もちろん写真を撮るのが大嫌いでした。
可愛くないし笑

そして高校生から、本格的に二重強制癖つけを始めました。
一気に人生バラ色 モテ期到来でした。
何故私が短期間でこんなにも人生を変えられたのかお教えしたいと思います。

そもそも1番初めの出会いは絆創膏でした。
絆創膏のテープ部分を目に貼り付けて、二重を作っていたのです。
初めは不自然でした。でも確信しました。
私は二重になれる。

その後に高校という新生活が始まると同時に本格的に二重強制を始めようと思い、二重テープとアイプチと出会いました。
初めはアイプチというものを知り、試してみると、瞼がベトベトになり、悲惨な二重が出来上がりました。
それから私は毎日アイプチの練習をし、自分なりにきれいな、アイプチの目立たないやり方を探してきました。

まず私の場合は、瞼が薄めだったんです。それで二重になりやすかったのもあるかもしれません。

とにかくアイプチを黒目よりも内側の2重線にだけちょんっと乗せる感じで、黒目の上部分の2重線にプッシャーを当てて内側の二重をくっつけます。
それだけでした。

目を閉じた時に、いかに目がくっついていないか、という点がいちばん大切なのです。
不自然な二重なんて、二重の意味ありますか??
綺麗に見せてなんぼだと思っています。

とにかくバレない、綺麗なアイプチが大切なんですね。
学校生活でアイプチをいかにバレずに自然にしていくかが重要になってきます。
とりあえずここまでで前編は終わりです。

続きは後編でお話したいと思いますのでよろしくお願いします。ありがとうございました。

今なら朝起きて鏡を見ればもう二重★  
1か月間使い続けても2980円!34%OFF中! 
まずはクリックして怪しいかどうかチェック!